中古車でコンパクトカーを探しており、どれにしようか迷います。

“国産車から色んな種類のコンパクトカーが出ていますよね。あまりの種類の多さにどれにしたらいいか決めかねることもあると思います。先ずはユーザーが何を一番求めているか?と的を絞っていくと決めやすいでしょう。

例えば何人程度で乗るか?どの程度の荷物を積むか?などで、乗る人が一人だけなのか、或いは二人、若しくはファミリーになるかということでも大分違ってくるでしょう。また荷物の積み方としてちょっとした程度か、或いは自転車やかさばる大きな物を積むかによっても荷台の大きさやドアの開閉のし易さ等で基準が変わってきます。

車を利用する人、その用途によって選ぶポイントが違ってくるのは当然で老若男女、利便性、経済性、乗り心地、デザイン等を総合してやっと1台に絞るのですから色んな条件を検索にかけてあらかじめインターネット上で条件に合ったコンパクトカー、或いは条件に近いメーカー、車種を絞るのも見つけやすい方法の一つと言えるでしょう。

或いは中古車店にて専門スタッフにアドバイスしてもらうこともお勧めです。ディーラーを頼るのも方法です。中古車についてより詳しく専門知識としてアドバイスしてくれるでしょう。”

ハッチバックってコンパクトカーですか?中古車で人気はあるの?

“ハッチバックという言葉を聞いたことがあります。コンパクトカーという程度は知っているのですが具体的にはどのような車をいいますか?また中古車だといくらくらいになりますか?とお客様から聞かれることがあります。

先ずコンパクトカーにはハッチバックとトールワゴンとがあります。逆に言えばこれらの車を総称してコンパクトカーと呼んでいるのです。ハッチバックはどういうタイプの車かというと、立体駐車場に駐車可能範囲の高さである1550mm未満の2ボックスタイプ乗用車を指しますが、例外もあります。一方1550mmを超える車をトールワゴンと呼びます。

具体的に言いますと、ハッチバックは荷物の積み下ろしが容易となるよう跳ね上げ式、或いは横開き式のバックドア(背面ドア)を設けた車種になり、スタイルよりも積極性や利便性を重視して作られているもので車種によっては乗用空間と荷物空間の仕切り壁(バルクヘッド)を持たずに大きな荷物を積む場合にはバンのように使用できるよう後部座席が折りたためるようになっているものが多いです。

乗車空間と積荷空間の両方を兼ね備えながらもサイズ的にさほど大きくない等、利便性と維持費の手ごろさから中古車業界においてもコンパクトカーの人気は非常に高いと言えるでしょう。

初めての車に適した中古車は?

“免許を取って間もない方やペーパードライバー、或いはさほど車に乗る頻度が多くない方など車に対する拘りよりも利便性を重視することがありますよね。でも車の知識が薄く何を選んだらいいかを決められなくて困ってはいませんか?

先ずは新車にするか、中古車で十分かというところから始まります。初心者の方は免許を取ったらやっぱり車に乗りたくなるようです。理想は新車かもしれませんが先ずは中古車で慣らす方も多いようです。

ではいざ中古車を探すとして、どんな種類の車があるかもよく分からない状態であれば先ずは種類の名前を知っておく方がお店の人に質問もしやすくなります。

車は大きく分けると軽自動車と普通車になります。普通車の中ではコンパクトカーを始め、ミニバン、SUV、ワゴン、セダン、クーペ、オープンカー、トラック等に分かれます。車種によってそれぞれの特徴が異なるのは勿論のこと、値段の差も開いてきます。

初心者の方などあまり慣れていない人やそれほど乗らないのであれば扱いやすく維持費もリーゾナブルなコンパクトカーや軽自動車が無難だと思います。”

コンパクトタイプの中古車はどんな車種が人気ですか?

“中古車選びで似たような値段がつくと中々決まらないですよね。また予算オーバーでも気に入った車種に出会うと意外と購入に至ることもあります。予算そのものを現金で払える設定か、オーバー額が増えるとローンにするかである程度の予算はあるもののいざ気に入った車がそれ以上の金額だとローンに切り替えるケースも多いようです。

インターネット上で見つける人、直接中古車店に足を運ぶ人、皆それぞれですがこのメーカーのこの車種と限定される人もいれば、見て決めようという方が大半なのではないでしょうか?

展示されている車を見て軽自動車にするか、コンパクトカーにするかと迷う人も増えています。コンパクトカーと軽自動車はボディの大きさと価格に大差がない車種が多いので維持費で迷ってしまいます。

大体の線が絞れて来たら、今度は今人気なのはどの車種?と気になることはありませんか?勿論中古車店でも色々とアドバイスをしてくれますが事前に予備知識として頭に入れておき、お店に行ってその車がどのくらいで売られているかを知りたいですよね?

そういう時は便利なサイトがあります。例えば中古車、コンパクトタイプなどの単語をキーワードにネット検索すればコンパクトカーの中古車、新車の人気ランキングが載っているサイトが出てくる上、値段や詳細も表示されていますので是非参考にしてみてください。”

軽自動車かコンパクトカーの中古車購入を検討しています

“中古車購入を検討されるお客様で軽自動車にするかコンパクトカーで迷う方が多いようです。何故ならちょっとした金額の差で済むからです。ちょっとしたと言っても予算を決められている方にとっては決して安い買い物ではないので購入額そのものよりも、その先の維持費等と比較するケースが増えています。

自動車税で言えばコンパクトカーよりも軽自動車の方が断然安いのは一目瞭然で、高速代も違ってくるので一見軽自動車で十分と思う人は多いでしょう。

でも実は中古車のコンパクトカーは軽自動車よりも維持費が安くて済むことがあるのです。それの一つに良い状態であればメンテナンス費用の発生を防ぐことができるという点と燃費の良さ等です。

コンパクトカーの魅力は車体が軽い割にパワーが出ますので軽自動車よりも優れている点として挙げられる一つです。次にデザインですが元々は働く女性の通勤用と想定されて作られたため、どちらかと言えば女性ドライバーが操作しやすく小型であることや可愛いさから男性には不向きなデザインも多いようです。

でもデザインで言えば男性も気に入ってもらえるものが沢山揃っていますのであまり大きなボディを必要としないのであれば利便性、経済性などからコンパクトカーはお勧めだと言えるでしょう。”

中古車で迷っていますが低燃費のコンパクトカーは?

“同じ車種でもモデルによって燃費の違いは出てくるものですが大体は中古車でも新しいモデルの車の方が改善されていますのでエコ達成度が高いと言えるでしょう。その一つに燃費の良さも挙げられ、これは地球環境だけではなく我々ユーザーにとってもガソリン代を節約する上でとても身近な部分なのです。

中古車を探しているユーザーで何を基準に見ているかと言えば、燃費の良さを挙げる割合が非常に多いのです。毎年発生する自動車税で乗用車にするか軽自動車にするかを迷われる方も多いのですが、燃費も侮れません。両方を天秤にかけ、どちらが少しでも得するのかを検討するのです。

コンパクトカーは比較的低燃費の車種が多いのが特徴です。例えばメーカーで言えばホンダ、マツダ、日産が低燃費を売りにしたモデルを発表しましたがどのメーカーにおいても今は低燃費競争が当たり前となっています。

コンパクトカーは中型車や大型車と比べて何故燃費がいいかといえば、それはエンジンの排気量に関係してきます。排気量が大きければ大きいほどスピードを出した時にボディの安定感に違いを感じると思いますが通常、高速道路を走る分にはコンパクトタイプの排気量でも十分です。”

中古車で手頃なコンパクトカーを探しています

“中古車店には様々なタイプのコンパクトカーが軒を連ねて展示されております。いくら中古車でも100万円を超えるものもそう珍しくはありません。中古車である限り長い短いはあるものの走行距離が行っているのは当然で、年式やキズ度合等によって金額が決まるのですがあまり流行にとらわれず、メーカーや車種にも拘らなければいい買い物ができるようです。

4年落ち程度以降の軽自動車の価格は中々下がらないもののコンパクトカーは拘りを無くせば軽自動車よりも安値で手に入れることができます。良い状態でのコンパクトカーに遭遇すれば本当にラッキーなのです。

いくらくらいの値段を手頃と言えるかはユーザー次第となりますが拘りを無くしてなるべく良い状態で妥協できる価格の車が一番いいと思います。なるべく良い状態というのはさほど年落ちや走行距離が行ってないものです。

これによって購入後のメンテナンスに掛かる費用を抑えるということになりますので極端に安値であってもその時は得した気分になるかもしれませんが結局はメンテナンス費用が発生してしまい、高あたりする結果となります。極端な言い方をするとタダほど怖いものはないという格言のようなものです。”

コンパクト中古車の維持費はどれくらい掛かりますか?

どのタイプの車にせよ、自動車は購入してからも毎年掛かる税金やメンテナンス費用、ガソリン代、駐車場代などの維持費が発生します。折角安く購入した中古車でもこんなはずじゃなかったと後悔しないで済むよう、これらの維持費を事前に確認するようにしましょう。

コンパクトカーの特徴としてサイズ的に取扱いし易く、車重が軽い、燃費性能に優れているのでガソリン代を抑えることができ、更にいくつかの車種ではエコカー減税対象となるために税制面でも優遇されています。

コンパクトタイプの中古車の維持費については車種によって若干変動があるものの自動車税で35000円~40000円程、1年当たりの自動車重量税が22500円程、1年当たりの自賠責保険料が12500円程、オイル交換代で約10000円は最低限要るようです。

その他にガソリン代、駐車場代、タイヤ交換する場合はタイヤ代、高速を利用する場合は高速料金、自動車任意保険代、車検を受ける場合は車検代等が加算されます。

ガソリン代、高速料金、駐車場代等は使用するユーザーの条件によって変わってきますので何とも言えませんが年間で最低限必要とされる維持費として数十万程度見ておく方がいいでしょう。

コンパクト中古車って人気がありますか?

コンパクトタイプの中古車はとても人気があります。小回りが利くため、特に女性ユーザーにとっては乗りやすいようです。外観は小さく見えても普通車ですので車内が軽自動車と比べて広く、「5ナンバー」となりますのでリーゾナブルにステータスシンボルを保つこともできるようです。

コンパクト中古車の優れているところはサイズそのものは軽自動車よりも大きいので居住性が良い、ボディサイズは小さいので狭い路地や駐車場に入れやすいなどの小回りが利く点、重量が1トン前後と比較的軽量なのでエンジンの排気量も関係して燃費がいい上、またエンジンで言えば軽自動車と比較するとパワーとトルクに優れているので高速走行にも向いています。

見た目では判断し辛いボディ剛性、ステアリングフィール、乗り心地などの基本性能においては軽自動車よりもコンパクトカーの方が優れている場合が多いのも人気の秘密です。

登録車(白ナンバー)である優越感が得られますので中型車や大型車などの大きな車では扱いにくいが軽自動車では物足りないというユーザーは必然的にこのクラスを選択するようになります。

コンパクトカーってどんな車ですか?

コンパクトカーとは特に定義は存在しないものの日本で一般的にコンパクトカーと言われているのは普通車のうち全長がおよそ4200mm程度までで全幅がおよそ1700mm程度までの「5ナンバー」のサイズとされているようです。

形としては2Boxタイプボディが主流で一例としてハッチバックやトールワゴンが挙げられます。サイズで言えば全長4400mm級以上では一般的に「中型車」や「大型車」と呼ばれ、それ以外の乗用車を指しますので軽自動車以外でサイズが小さい目の車を意味します。

コンパクトタイプの車は日本で一番よく見かけられるのではないでしょうか?実際中古車としての販売台数も非常に多く出回っておりユーザーのニーズも非常に高い車と言えます。

新車、中古車問わずコンパクトカーの利点として軽自動車よりも大きいサイズとなるため、乗り心地が良いこと、ボディサイズが小さいので狭い場所での運転が容易、などが挙げられます。また中古車価格として軽自動車と比較すると安い目となり、古い年式のコンパクトカーだと走行距離が少なくて程度が良いものに出会えば修理費用等もさほど掛からないので掘り出し物と言えそうです。